TOP >> ネットを知らないフリーターから大人気ニコ生主へ 「芸達者すぎるデブ」恭一郎さんインタビュー

ネットを知らないフリーターから大人気ニコ生主へ 「芸達者すぎるデブ」恭一郎さんインタビュー

ネットを知らないフリーターから大人気ニコ生主へ 「芸達者すぎるデブ」恭一郎さんインタビュー


 ネット上では行きすぎた生主の炎上など、ネガティブな要素が語られることもあるニコニコ生放送。その一方で、常に高い人気を得る生主には本当にものすごい才能を感じさせる人物も多い。その代表的な存在がコミュニティ加入者20万人以上の人気生主「恭一郎」さんだ。

【動画や他の画像:恭ちゃん面白動画集】

 漫画だらけの部屋でほとんどいつも上半身裸、体重は120キロ級。放送スタイルは一見、いかにもうさんくさい顔出し配信者なのだが、人気の秘密はその広すぎる芸の幅にある。異様に上手いラップと高すぎる歌唱力、豊富なモノマネのレパートリー、そして一癖も二癖もある「Skype凸」たちを華麗にさばいていくトーク力。放送で披露された数々のパフォーマンスは、ニコ生の枠を超えてYouTubeなどでも話題となり、ついにはテレビ出演のオファーを受けるまでになっている。初めて知ったという人は動画のどれかを再生してみると、その才能の片鱗を感じることができると思う。


 その才能は多くのメディア関係者の目に留まっているようで、この4月にはサントリーのWeb CMで壇蜜さんとも共演。4月26日からの「ニコニコ超会議3」への出演も決まっている。この現状を当の「恭ちゃん」はどう思っているのか、インタビューに行ってきた。


●インターネットには興味がなかった


――そもそもニコ生を始めるきっかけはなんだったんですか?


恭一郎 もともと外で友達と遊んだり漫画やアニメを観たりするほうが好きで、インターネットには興味がなかったんです。初めてノートパソコンを買ったのもニコ生のサービスが始まる少し前くらい。実は最初にニコニコにハマったのは妹で、ニコ生を始めたのも妹なんですよ。たまに俺も一緒に放送に出たりしたんですけど、その時は「うわっ、コメント流れてる。キモッ」て感じでした(笑)。


――へー、それは意外な導入ですね。それがなぜ1人で放送をするように?


恭一郎 俺が当時付き合ってた彼女にフラれちゃってすごい落ち込んでる時があったんです。それを妹の放送で言ったらおなじみの「ざまあwww」みたいなコメントに混じって「俺らがいるだろ」ってコメントがあったんです。その安っぽいコメントを見た時に「あっ、お前らいるじゃん」ってすーっと心が軽くなって(笑)。それから「俺もこういう風に落ち込んでる人たちを喜ばせられたらいいな」と思って1人で放送するようになりました。


――放送のスタイルは最初から顔出しだったんですか?


恭一郎 いや、最初は真っ暗な画面で雑談してるだけでした。でも、妹から「お前はなんでカメラに映してないのに変顔するんだ」ってツッコまれたので、その日にWebカメラを買ってきて。それから段々今みたいな放送スタイルになっていきましたね。


――初めて顔出しした時の反応はどうでした?


恭一郎 「クソデブやんwww」でした(笑)。でも、そこからコミュニティの人数が一気に何百人、何千人と増えていきました。変顔がヒットしたみたいです。


――ネットで顔を出すことに抵抗はなかったですか?


恭一郎 最初の2週間で羞恥心は全部捨てました。高校時代にバカすぎて普通の高校に行けなくて夜間制の高校に行ったんですけど、そこだと周りがお不良さんみたいなやつばっかりなんですよ。その人たちと最初どう付き合えばいいか分かんなかったんですけど、自分がバカやったら笑ってくれて。そのまんま「面白ければなんだっていい」ってスタンスで成長してるので、別に顔出しがどうこうという抵抗はなかったですね。


●素人だから面白い「ニコニコ動画」


――歌とかモノマネとかトークとかすごいマルチに活躍してますけど、以前から何かそういう活動をやってたんですか?


恭一郎 それよく言われるんですど、ほんとにアニメとゲームくらいしかやってこなかったんですよ。歌とか小学生の頃はほんとにジャイアンそのものでした(笑)。でも中学くらいから歌が好きになってきて、いろんなアーティストのマネをして歌ってたんです。そしたら「すごい上手くなったね」って急に言われるようになって。ラップもニコニコ動画で歌い手の「タイツォン」さんのラップを聴いてかっこいいなと思って、その人のモノマネばっかりしてました。


――あ、ラップもニコニコ動画がきっかけなんですね。


恭一郎 だから本気のラップ好きの人からしたら笑われると思いますよ。でも、ぶっちゃけプロよりニコニコ動画の歌い手さんの歌を聴いてるほうが好きなんです。自分の中で、プロって上手くてかっこよくても「まあ、プロだからね」って終わっちゃうんですけど、ニコニコ動画は「素人なのにすごい、なんで?」っていうところが面白い。自分にニコニコ動画ってすごくあってると思います。


――自分がプロになろうとは考えないですか?


恭一郎 基本的にはないですね。業界でプロとしてずっとやっていくってすごく厳しいことだと思います。今はテレビとか超会議の仕事の依頼もありますけど、そんなの下手したら今年いっぱいくらいだと思ってるので。もし将来の安定が約束されるならタレントとかにもなるかもしれないですけど、そもそも俺のこと好きな人はそんなにテレビとか観てない人なんじゃないですかね。


――めっちゃ現実的ですね。単純にやってみたいとも思わないですか?


恭一郎 俺、将来やりたいことって特になくて、今付き合ってる彼女と結婚するのが一番やりたいことなんですよ。普段はスーパーでバイトしてるんですけど、ずっとそこで正社員になろうと頑張っててニコ生はその暇つぶしだったんです。ただ、ニコニコのユーザーチャンネルとかYouTube広告の収入がバイトより増えちゃった時に、せっかくなら稼げる内はそっちで稼ごうって彼女が言ってくれて。だから、超会議もギャラが出なかったら「バイトします」って断ってます(笑)。


――世の中に「結婚するために裸でニコ生やってる」って人がいることが衝撃です(笑)。


恭一郎 そういうことはニコ生でも普段から言ってるので。今年中にネットの活動で1000万円貯めるのが目標です!


――でも人を楽しませる才能がある人にちゃんとお金が入るっていうのはいい時代だと思います。もし今のような収入が得られなくなったらニコ生はやめちゃうんですか?


恭一郎 元々が暇つぶしですし、ニコニコ自体は大好きなので、お金にならなくなってもニコ生はやってると思いますよ。歌が上手いとかトークが面白いとか、何かひとつすごい才能があってプロになる人は多いですけど、俺は欲張りなんで歌もラップもしゃべりも全部やりたいんです。それだったら素人で楽しくやってるほうが面白いかなと思ってます。


――例えばお金をもらって超会議に出演すると、普段のニコ生とは意識が違ってしまう部分が出てきませんか?


恭一郎 それはないですね。普段変なことばっかりしてる俺が超会議だからって急に「皆様に笑顔をお届けします」とか言い出したら観に来てる人も嫌だと思うので。だからいつも通り楽しくやりたいと思います。


――ファンの人の気持ちを考えてるあたりはすごくプロ意識がある気がします。


恭一郎 ああ、最近ひとつだけ辛いのはこの体型の維持ですね。膝と腰にきちゃっててほんとは20キロくらい落としたいんですけど、デブっていう立場上そうもいかないのが辛いところです(笑)。

 





 

 

 

 



引用:ネットを知らないフリーターから大人気ニコ生主へ 「芸達者すぎるデブ」恭一郎さんインタビュー


無料アプリゲーム新着情報


 





ios

ios

android

android

android

ios

android

ios

android

ios

android

ios

android

android


メニュー

QLOOKアクセス解析