TOP >> 大爆死して埋め立て地に埋葬されたAtariの「E.T.」ゲームが発掘される

大爆死して埋め立て地に埋葬されたAtariの「E.T.」ゲームが発掘される

大爆死して埋め立て地に埋葬されたAtariの「E.T.」ゲームが発掘される


 最悪のクソゲーと言われるAtariの「E.T. the Extra-Terrestrial」。売れ残りすぎたために米ニューメキシコ州の埋め立て地に埋葬されたこのゲームが発掘されました。

【Xbox幹部がツイートした発掘の様子】

 「発掘」はXbox Entertainment Studiosのドキュメンタリー番組制作の一環。Atari 2600のジョイスティックや「E.T. the Extra-Terrestrial」のカートリッジ、箱、マニュアルが発掘されました。大量のゲームが廃棄されたと言われており、発掘班も「もっとたくさんある」と確認しています。どのくらい地中に眠っているのかは現時点では不明。


 「E.T. the Extra-Terrestrial」は1982年にリリースされたアタリ2600用のゲーム。当時CEOだったRay Kassar氏によれば、約400万本を出荷して350万本が返品されたとか。


 発掘の様子はドキュメンタリー「Atari: Game Over」で使われる予定。同作は「X-MEN 2」「アベンジャーズ」のザック・ペン氏が監督を務め、年内にXbox OneとXbox 360向けに配信される予定です。

 

 

 

 

 



引用:大爆死して埋め立て地に埋葬されたAtariの「E.T.」ゲームが発掘される


無料アプリゲーム新着情報


 





ios

ios

android

android

android

ios

android

ios

android

ios

android

ios

android

android


メニュー

QLOOKアクセス解析