TOP >> ピラニアが食べられる 神戸市立須磨海浜水族園がアマゾンの謎に挑む

ピラニアが食べられる 神戸市立須磨海浜水族園がアマゾンの謎に挑む

ピラニアが食べられる 神戸市立須磨海浜水族園がアマゾンの謎に挑む


 神戸市立須磨海浜水族園は8月31日まで「特別展-研究者は見た!驚異のアマゾン-『アマゾンの謎に挑む』」を開催、アマゾンに生息する生物の展示やピラニア料理の提供を行う。

【その他の画像】

 世界最大の淡水魚「ピラルク」や世界最大のヘビ「オオアナコンダ」などの驚くべき生態の秘密を紹介。会場内では、実物大の精巧なアマゾンマナティーとアマゾンカワイルカの模型、日本初の電気魚を探す体験コーナー、スマスイ特製のアマゾン川に生息する100種の魚の下敷きも販売する。


 ピラニア料理は5月31日までの期間、園内の「レストラン&カフェ和楽園」において「ピラニアのムニエル(スープ、サラダ、ライスorパン)」(税込2000円)を1日5食限定で販売する。


 神戸市立須磨海浜水族園は、JICA(国際協力機構)とJST(科学技術振興機構)の支援の下、京都大学野生動物研究センターとブラジル国立アマゾン研究所(INPA)が立ち上げる「“フィールドミュージアム構想”によるアマゾンの生物多様性保全」に参加している。

 

 

 

 

 



引用:ピラニアが食べられる 神戸市立須磨海浜水族園がアマゾンの謎に挑む


無料アプリゲーム新着情報


 





ios

ios

android

android

android

ios

android

ios

android

ios

android

ios

android

android


メニュー

QLOOKアクセス解析